スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物療法の「ちから」2

植物療法ネットワーク事務局ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
実行委員会事務局、兼松です。

さて、前回はとても簡単にできる「植物療法」として、美味しいハーブティーを淹れてほっとする時間を作ってみましょう、とご紹介しました。
今回はアロマテラピーとしての「植物療法」、芳香浴をご紹介します。


芳香浴、と聞くと耳慣れないかもしれませんが、アロマポットなどにアロマオイル(精油)を数滴垂らして、お部屋の中で香りを楽しむことを芳香浴、といいます。

市販されているアロマポットには、水と精油の入った受け皿を下からキャンドルで温めて香りを漂わせるキャンドル式のものや、電気で温める電気式など様々なものがあります。
キャンドルの炎が揺らめくのを眺めながらゆったりと…お休みの時には安心の電気式で…と好みやライフスタイルに合わせて楽しむことができます。

ですが今のこの時期、キャンドルを使用するのはちょっと心配、電気式も節電を心がけていたり停電になってしまったり…と、ちょこっとだけ心配な要素もありますよね。
そんな時は、ティーカップやマグカップにお湯を入れ、そこにお好みの精油を垂らして香りを楽しむ方法もあります。
また、ポケットティッシュやハンカチなどに精油を1滴垂らして持ち歩けば、いつでもどこでも好きな時にリフレッシュできますね。
花粉症などの辛い症状には、マスクにペパーミントの精油を垂らすと鼻詰まりも解消し、スッキリします。
マスクにこもる気になる臭い対策などにもいいですよ。


~お勧めの精油~
・気分をリフレッシュさせたい時に…オレンジ、レモン、ペパーミント
 など
・落ち込んだ気分に明るさを取り戻したい時に…ローズ、ジャスミン
 など
・リラックスしたい時に…ラベンダー、ローズなど
・花粉症などのアレルギーに…ペパーミント、ユーカリ、ティートリー
 など


アレルギー症状やお部屋の空気をきれいにしたい時などには、抗菌作用の強いユーカリやティートリーなどで空気の浄化をするのもお勧めです。
ハーブティー同様、精油ももちろん様々に適した効能がたくさんありますが、香りを楽しむ、リラックスする、ということが大事ですので、まずは「いい香り」と思うお好みの香りから始めるといいでしょう。

今の状況下では心配な側面もありますが、私個人のお勧めはやはりキャンドル式のアロマポット。
お好みの香りで満たされたお部屋で揺らめく炎を眺めながらゆっくりとした時間を持つのもいいですよ。



※尚、くれぐれもキャンドルの点火中は火のそばを離れないこと、目を離さないようにご注意ください。
電気式のアロマポットも、お水の入っている受け皿を空焚きすることのないように注意して芳香浴を楽しみましょう。


スポンサーサイト
プロフィール

植物療法ネットワーク in 清里 事務局

Author:植物療法ネットワーク in 清里 事務局

カテゴリ
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
植物療法ネットワーク
ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。