スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物療法の「ちから」3

植物療法ネットワーク事務局ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
暖かい日が続いていたと思ったら昨日は少しだけ雪が舞いました。
今日はとても冷たい空気の清里高原です。

さて、今回は3めの植物療法の「ちから」です。


ハーブになじみのない方は、ハーブはお茶にして飲むだけ、アロマオイルは香りを嗅ぐだけ、と思っていませんか?
もちろんお茶を飲むことや芳香浴はとても簡単でどなたにでもできるリラックス方法ですが、ハーブやアロマにはもっと幅広い底力があるのです。

疲れた心や体をほぐすために、ハーブやアロマオイルを入れたお湯に手足を浸す「部分浴」。
今日は「手浴」と「足浴」をご紹介します。


**~ハーブ手浴・足浴の方法~**

洗面器(足浴ならバケツなど深いもの)にお好みのハーブを入れ、熱湯を注いで5分間以上待ちます。
アロマオイルの場合は、熱湯を入れてからお好みのアロマオイルを数滴垂らします。
手や足を入れても熱くない温度にするために水を入れます。
10分~15分ほど、両手首(両足首)までお湯に浸します。
冷めてきたと感じたらお湯を足しましょう。



ゆっくりと呼吸をし、同時に香りも吸い込みましょう。
ハーブは何種類かをお好みでブレンドしても良いですね。
もちろんハーブティー等と同様に、その時の心身の状態に適したハーブを使用するのはもちろんですが、やはりまずはお好みの香りから始めてみることをおすすめします。

手浴・足浴は実際の症状や疲れを軽減するためだけではなく、全身や心身の緊張をも解きほぐしてくれます。
ゆっくりと手(足)を浸していると、血液の循環が良くなり、全身がポカポカと温まってきます。
身体が不調で入浴が出来ない時、起き上がっても無理のない範囲で手浴や足浴を行なうといいでしょう。
現在、避難所などで入浴が難しい状況にある方でも、部分浴をすることによって少しでもリラックス効果を得ることができるのではと思います。

手足を温め、ハーブの優しい香りを嗅ぐことで全身をリラックスさせてくれる部分浴。
ぜひお試しください!


スポンサーサイト
プロフィール

植物療法ネットワーク in 清里 事務局

Author:植物療法ネットワーク in 清里 事務局

カテゴリ
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
植物療法ネットワーク
ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。