スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月版レポート!~1日目~

植物療法ネットワーク事務局ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
実行委員会事務局、兼松です。

早速、週末に行われた植物療法ネットワーク9月版のレポートをお届けしたいと思います!

*******

…皆さんもご存知のとおり、この週末は台風による影響で、各地で大きな被害が発生しました。
被害のあった地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
ここ清里も何日も激しい雨が続き、森の中は滝や川が出現するような事態に。
とは言うものの、大きな被害はなく9月版も予定通り開催されることになりました

講師、スタッフが心配する中、参加者の皆さんがほぼ時間通りに(むしろ時間よりも早く!)続々と到着されるのを見てひと安心。
スタートは1時間くらいずれ込むのも仕方ないな…と思っていた事務局側の心配をよそに、予定通り、そして参加者がほぼ全員揃ってのスタートとなりました!

窓の外は真っ白な霧、そして激しく叩き付ける雨の中、部屋では豊泉真知子先生による「ヒルデガルトの薬草療法 実践編」が始まります。

聖ヒルデガルトとは、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン、12世紀ドイツの修道女です。
修道院に仕える修道女たちに、薬草(ハーブ)の栽培や使用方法を伝えました。

IMG_0864.jpg

ドイツのほぼすべての修道院を回ったという豊泉先生の豊富な知識に、あっという間に引き込まれます。
参加者の誰もが、「ドイツに行ってみたい!」と思ってしまうほどのお話と、素敵な写真の数々。

ドイツはメルヘンの国。
この後実習で先生が作ってくださったワインは、とても素敵な名前が付いています。

ワインを作るために使うパセリは、心臓(ハート)に良いといわれるハーブ。
そのため、「ハートワイン」と言われているのです。
そしてそのパセリが植えられている場所には、必ずハート型の石が置かれているのだとか。

でも、メルヘンなだけではありませんよ!
病後の回復期や虚弱体質の栄養補給、そして除虫菊ローマンの粉をふりかけて飲むことによって、心筋梗塞や心臓の痛みなども取るなど、きちんとした効能もあるのです。

IMG_0868.jpg
清泉寮のオリジナルワイン(赤)を1本!
そこへパセリとビネガー、ハチミツを入れて煮るだけです。

簡単!あっという間に出来上がりました。

IMG_0879.jpg

少しづつ、みんなで味見。
温かいハートワインは優しい甘さで、心も体もほっとさせてくれます。
(その代り、飲みやすくて大変!)

当初の予定にあったプログラムが雨により中止になったため、豊泉先生は薬草療法以外の楽しいお話もたくさんしてくださいました。
ひとつ話をするごとに、いろんな話題に繋がっていきます。
あちこち脱線するお話に一層和やかな雰囲気になり、外が大荒れのお天気だということも忘れてしまいそうになります。


プログラムを終え、ひとつのテーブルを囲んで美味しい夕食の時間。
残念ながら私はご一緒出来ませんでしたが、お食事の時間も植物の話から身近な話まで尽きることがなかったようで、ずいぶんゆっくりとした時間を過ごしていただいたようです。


夜のプログラムは自由参加のお茶会。
悪天候の中、清里まで来るのは大変だったからきっと皆さんお疲れで参加は少ないかな…なんて、いえいえ、皆さんのパワーはそんなものでは疲れません。
なんと全員参加です。
先生方を囲んで、ひとりひとり自由に自分のことや気になっていることなどをお話ししていただきました。

IMG_0882.jpg
食事の時間もたっぷりしゃべったのに、まだまだしゃべります!

合いの手、突っ込み、…予定していた2時間では足りないほど、楽しい時間になりました。
予定時間を30分ほど過ぎて、ようやくお開きに。
実習で作った残りのハートワインも手伝って、皆さんのおしゃべりは夜遅くまで尽きることがなかったようです。

外の嵐がまったく気にならないほど、皆さんの交流が深まった楽しい夜になりました。


2日目のレポートはまたのちほど…。





スポンサーサイト
プロフィール

植物療法ネットワーク in 清里 事務局

Author:植物療法ネットワーク in 清里 事務局

カテゴリ
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
植物療法ネットワーク
ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。